Written by Shoji

Shoji

httpをhttpsにリダイレクトする方法【切り替えは簡単です】

SEO

悩む人

サイトをhttpsに正規化したい人「motelogとかいうブログで、重複URLの記事を読んだんだけれど、httpとhttpsを正規化するには結局どうすればいいわけ?」

こういった悩みに答えます。

ちょっと技術的な話をしますが、httpとは、Hyper Text Transfer Protocolの略称で、インターネット利用者とWebサーバ間でデータを送信したり受信したりする通信規約(プロトコル)のことです。

このhttpは、実は第三者が盗み見しようと思えばできるものであり、セキュリティ面から不安が残る状態だったりします。

httpsというプロトコルは、httpの通信を暗号化し、第三者からのぞき見されることを防止します。

httpsのsは、secure(安全)という意味を持ちます。

重複URLにてhttpもhttpsも利用できてしまう方は、httpsにURLを正規化し、保護された通信を利用するようにするのが鉄則です。

自サイトに来ていただく方が安心できるよう、環境を整えるのはサイト運営者の基本的な仕事です。

ここでは、環境構築の一環として、
httpとhttpsの重複URL正規化により、永久的にhttpsに切り替える方法について、解説します。

httpをhttpsに正規化する方法【リダイレクトしよう】

机に向かってプログラミングをしている人
httpでもhttpsでもアクセスできてしまうサイトを、httpsに統合する方法を解説します。

結論:httpsに301リダイレクトさせる

最初に結論です。
httpsに、301リダイレクトさせましょう。

このブログ、motelogのURLを例にしてみます。
httpとhttpsでは、下記の通りの違いになります。

  • https://mote-log.com
  • http://mote-log.com

これを、https一本に絞る方法としては、
.htaccessの内容に、下記を追記します。

# http→httpsに統一
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

コピペでOKです。
これで、httpのURLから、httpsへ301リダイレクトがされた状態になります。

試しに、httpのURLでアクセスしてみてください。表示されることなく、httpsのURLに到着するはずです。

参考:.htacessの場所について

なお、.htaccessとは何か、どこにあるのかは、下記記事の真ん中くらいにて解説しているので、必要に応じて合わせてご確認ください。

リダイレクトを活用しよう

今回紹介したケース以外にも、重複URLのパターンが存在します。
下記記事にて紹介しているため、一読していただき、未対策の場合はURL正規化の対応に移りましょう。

対策としては、「301リダイレクトを行う」が鉄則です。

どれも今回のように、簡単に設定可能です。
早く対応し、重複URLのペナルティ判定を受けないよう、注意しましょう。