Written by Shoji

Shoji

タグ:301リダイレクトが付いている記事一覧


SEO

index.htmlやindex.phpといった、トップページを示すファイルについては、対策を施さないと重複URLのペナルティを食らうハメになるかもしれません。リダイレクトを適切に行い、URL正規化にてWebページの環境を整えましょう。コピぺOKのコードも紹介します。

SEO

URLにwwwのあり/なしを統一・正規化しておかないと、重複URL判定を受ける可能性があります。この状態は訪問者や検索エンジン(Googleなど)にとって悪影響です。重複URLを解消する手続きは簡単なので、早急に行いましょう。なお、wwwのあり/なしでサイトの評価が増減するということはないので、安心してください。

SEO

重複URLの代表例、httpとhttpsの混在がある場合のURL正規化・健全化の方法について解説します。方法としてはリダイレクトなのですが、とても簡単なので速やかに設定してしまいましょう。.htaccessにコピペして追記するだけのコードもありますので、ご活用ください。

SEO

重複URLは放置しっぱなしだと検索エンジン(特にGoogle)やユーザにとって混乱を招き、使い勝手の悪いサイトだと評価されます。そうなるとペナルティを食らい、自サイトの評価が落ちる可能性も高まります。なので、速やかに重複URLの正規化を行いましょう。ここではその理由や方法について、解説しています。

SEO

301リダイレクト(Permanent Redirect)を行うことで、ブログやホームページなどのWebページの評価を下げずに、ページ移転やパーマリンク変更が可能となります。それまでの苦労や手間ひまを無駄にせずに済みますね。高評価なページを移転・変更するときには必ず301リダイレクトをしましょう。

ブログ設定

記事を引越しさせたり移転させたりした場合、301リダイレクトを利用すると、古い記事にアクセスした人を移転先に強制誘導することが可能となります。ここでは、WordPressを利用している人向けの301リダイレクトの方法について解説します。