Written by Shoji

Shoji

【Google Adsense】ads.txt問題を修正する方法

ブログ設定

PCを使う女性

アドセンスを開始した人「Google Adsenseに合格して、さっそく広告設定をしてみたけれど…『要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。』って表示が出てきた!どうすりゃいいのさ」

このような問題を解決する方法を、解説します。

Google Adsense(グーグルアドセンス)に合格することはブログ初心者の登竜門として名高いですね。

ですが、運用開始してからが本番です。
Google Adsenseを利用開始直後は、今回のケースのように、ads.txtが含まれないサイトといったようなエラー表記がされることがあります。

参考画像がコチラ

ads.txtに関する修正要求メッセージ

この他、要注意-収益に重大な影響が出ないよう、ads.txtファイルの問題を修正してくださいというパターンもあります。

本記事をお読みいただければ、これらのads.txtに関するトラブルの解決方法がわかります。

アドセンスを開始した多くの人が、Twitterなどでトラブルを抱えていることをツイートしていることが分かります。
もし無事に解決出来たら、本記事を拡散していただけると嬉しいです。

【結論】ads.txtファイルが含まれていないなら、作って修正すべし

机に向かってプログラミングをしている人
いきなり結論ですが、ads.txtファイルがないなら作りましょう。または、正しく修正しましょう。

大半のサイトにとって、ads.txtは含まれていないと思います。合格させて、落とす。アドセンスの道はキビシイですね。

ads.txt作成のためのテキストエディタを準備する

とても簡単で、ただ作るだけであれば、Windowsのメモ帳、Macのテキストエディットなどで作成することが可能です。

ただし、エンコーディングをUTF-8(BOMなし、またの名をUTF-8N)にする必要があり、
Windowsの標準メモ帳ではうまくいかない場合もあるため、Windowsの方はTerapadというフリーソフトのテキストエディタを利用してみましょう。

ここまでで、

  • Windows:Terapad
  • Mac:テキストエディット

コチラの準備をお願いします。

ads.txtを作成する

テキストエディタに、以下をコピペしてください。


google.com, pub-XXXXXXXXXXXXXXXX, DIRECT, f08c47fec0942fa0

ここで、XXXXXXXXXXXXXXXXについては、以下を確認してサイト運営者IDに入れ替えてください。

  1. AdSenseアカウントにログインする。
  2. [アカウント] をクリックする。
  3. [アカウント情報] セクションで [サイト運営者 ID] 欄を確認する。

参考画像がコチラ

UTF-8 BOMなし(UTFー8N)で保存する

サイト運営者IDをしっかりと打ち込んだら、テキストファイルとして保存します。
ここで注意するのが、UTF-8 BOMなし(UTFー8N)として保存することです。

先ほど紹介した、WindowsのTerapadには、UTF-8Nで保存することが出来ます。
UTF-8に定められるBOM(0xEF 0xBB 0xBF)がなくなる=BOMありのものと比較し、データのサイズが小さくなることが分かります。

下記画像、右がBOMあり、左がBOMなしです。

BOMの有無比較

BOMなしでしっかりと作成完了できれば、上記のように、58バイトで完成となります。

なお、BOMとは、とても簡単にいうとUnicodeのデータであることや、何の種類の符号化形式を採用しているのかを判別するものです。ここでの詳細は省略します。

なお、Macのテキストエディットでも、UTF-8で保存すると58バイトで収まります。

Macのテキストエディットで作成したads.txt
※画像クリックで拡大します。

ads.txtを、サーバーにアップロードする

最後に、作成したads.txtを、ご自身のサーバーにアップロードしましょう。
アップする場所は、サイトのルートドメインとなります。

参考に、mixhostを利用している当ブログの例としては、以下の通り。
ads.txtをアップロードする場所
※画像クリックで拡大します。

ドメイン(mote-log.com)のルートフォルダ(最上階のフォルダ)に入っていることがわかります。

しばらく寝てまつ

これは冗談ではありません。
ads.txtをアップロードしてから、Google側に認知されるまでにタイムラグがあるため、数日間待ちます。

時間が経って、無事にエラーが消えたらミッションコンプリートです。

とはいえ、一週間ほど経ってもエラー文章が直らない場合は、ads.txtの内容に打ち間違いがあったりする場合もあります。

エラーが消えるかどうか、定期的に確認に行った方が良いでしょう。

ここまでで、ads.txtは解決可能です。
私も実際に、これで解決しました。

まとめになりますが、ads.txtに関する修正方法やその注意点としては、

  • ads.txtをUTF-8(BOMなし)で作成する。
  • サイト運営者IDをはじめ、ファイル内容を正しく入力する。
  • ads.txtをドメインのルートにアップロードする。
  • 時間経過をじっと耐える。

上記の通り。
悩みは速やかに解決して、Google Adsenseライフを楽しみましょう。