Written by Shoji

Shoji

ブログの文字数で記事の優劣は決まりません【SEOの履き違い】

SEO

PCの前で睨む男

ブログの文字数で悩む人「ブログの文字数はどれくらいが良いのか調べていたら、少なくとも3000文字は欲しいとか書いてあるんだけれど、こマ?毎日そんなに書き続けるのはシンドイ。ブログやめたくなってきた。」

こんな悩みを解決します。

ブログ初心者の悩み事の一つとして、ブログの文字数を心配してしまうのはありがちだと考えます。

私も、過去に経験済みです。

そもそも、ブログの文字数で記事の優劣というのは決められるものではないと考えます。

本記事ではその理由について解説するとともに、ブログの文字数に悩みがちな方の背中を押すような記事となるよう、書いています。

ブログの文字数で記事優劣は決まらない理由【ブログの本質を考える】

頬杖をしてPCに向かう女性
最初に、結論です。
ブログの文字数で、記事の優劣は決まりません。

ブログの本質を考えてみる

ブログの多くは、悩みを解決することが目的で読まれます。

皆さんも自分自身を振り返ってみてください。
Googleなどで検索する場合、どういった目的で利用しますか?

  • 知識の追加、補填
  • わからないことの調査
  • 検索対象への興味、好奇心
  • 感情の共有や解決(悩み事など)

例えば、上記の通り。

そしてこれらの大半は、悩みを解決してあげられれば、同じ検索を繰り返しません。

A町からB町までの行き方がわからないからGoogle Mapで調べてわかったけれど、念のためYahoo!地図でも同じルート調べてみるか…。

なんて人はまずいないと思います。

もし、1つの記事で読者の悩みが解決するのならば、もう検索は必要なくなるはずです。

ブロガーの純粋なる使命は、この読者の悩みを解決するための記事を書くだと私は考えます。

ブログの文字数は、多くなくていい

様々なブログで、文字数は○○以上(たいてい、3000文字以上)書きましょうと紹介されているのを私自身見てきました。

その主張の大半は、SEOに効果があるからというもの。

SEOとは、検索エンジン最適化を表すことで、Googleなどの検索エンジンでの検索結果で上位を狙うための対策のことです。

ですが、検索エンジンの最大手のGoogleみずからが、文字の多さで優位となることはないと明言しています。

参考:Googleウェブマスターの意見ツイート

上記ツイートは、Googleのウェブマスター、John Mullet氏によるものです。

様々な情報が輻輳して混乱を招くような場合は、Googleのような信頼のおける情報源を優先的に選択するべきだと私は考えます。

文字数によるSEO対策の本質

John Mullet氏の先程のツイートですが、「文字数が多い方が良いとは限らない」とはいえど、少なくても良いとも言っていません。

この理由としては、

  • ブログ執筆者がその記事内で何について言及しているのか
  • その内容次第で文字数が多い方が良いのか、少なくても良いのかが概ね決まる
  • 文字数抜きにしてきちんと悩みが解決できている

上記のように想定でき、その内容に準じて適切な文字数が決定されるからです。

例えば、何かの詳細について、統計データや写真を用いて深く掘り下げて解説するべき内容であれば、問題解決に至るまで、必然的に文字数は多くなるでしょう。

逆に、

水の沸騰温度は100℃

といったような事実においては、文字数は少なくても問題解決に至るため、少なくてもOKと考えられます。

すなわち、文字数が多い少ないではなく、読者の何の悩みを解決させたいかで、最適な文字数は決まります。

文字数によるSEO対策とは、単純に文字数を増やすことではなく、上記のように悩みに大して最適な文字数となることだと私は考えます。

ここを履き違えると、悩みを解決するまでに長文を書く必要がなくても無駄に文字数を増やすこととなり、低品質記事を招くこととなる可能性が大。

当たり前のことですが…無理に水増しして文字数を稼ぐほど、悩みを解決するための急所となるポイントが隠れて分かりにくくなります。

ブログ文字数の水増しは、程々に。

読者にとって最初で最後の1記事を作ろう

冒頭でも触れましたが、悩みが解決されれば、読者はもうそれ以上悩み事の検索をする必要はなくなります。

あなた自身が、読者にとって最初で最後の1記事となるような記事を生み出せるようになるべきです。

その本質に気付けば、文字数に囚われる必要はないとわかります。

私は、無駄に水増しされた記事を最後まで読む気にはなりません。

きっと、同じように考える人は多いと思います。

文字数に囚われず、あなたの言葉で、あなたの主張を用いて読者の悩みを解決することを考えましょう。

ブログのライティング能力を向上させよう【文字数より大事なこと】

PCで記事を作成する人
ブログの文字数にとらわれるよりも、大事なことがあります。
それは、継続して書いて、投稿して、見てもらうことです。

継続することの難しさ

ブログを書いている人であればわかると思いますが、記事を書き続けることはとても大変ですね。

私自身、本業と並行して書き続けていますが…ぶっちゃけシンドイです。

ですが、もし、ブログの文字数にとらわれることから解放されれば、少しは執筆の負担が和らぐかもです。

文字数がネックで書けないという方がいれば、簡単な悩みを、サクッと解決できるような記事から書き始めてみると、だいぶ気楽になりますよ。

悩んでいたら、騙されたと思って、書けそうな記事を文字数少めで仕上げることを心掛けてみてください。

ライティング能力は書くことで鍛えられる

とにかく書かないと、ライティング能力が高まりません。

文字数だ、SEOだ何だかんだより、読者に突き刺さる文章を書けることが重要です。

これは、書いて、読み返して、ページアクセスを評価して、改善して…というで向上していくものです。

とにかく、ブログは書いて投稿しないことには始まりません。
最初は下手でもいいじゃないですか。まずは、書いて投稿しましょう。

私の記事も、最初はとんでもなかったです。今も自信はまだありません。ですが、書き続けています。

ブログは、幸運なことにリライト可能ですので、ライティングスキルが高まった後に訂正や追記しても全く問題ありませんよ。

文字数よりも大事なこと【継続は力なり】

それは執筆者がリタイアしないことです。

継続は力なりといいますが、ブログはやめずに続けていくものが、最後に勝ちます。
細く長くでもいいから、とにかくリタイアしないことが重要と考えます。

世の中、悩みを解決する記事は多数溢れています。ですが、あなたにしか書けない記事が必ずあります。

ブロガーの多くが、最初から完璧なものを作ろうとしていますが、

  • 文字数が多くて辛い…
  • SEOって何…
  • ライティングスキルがないのでは…

といった自分自身のスキルや知識とのギャップで精神がすり減り、リタイアしていく人が多いです。
非常にもったいないですね。

もし、良いものを書こうとして筆が進まないのであれば…
そんなことを気にするくらいならば、自分の好きなことを、好きに書いてみるのもアリだと思います。

書籍で知識を増やすのもアリ

とはいえ、文章の基本的な書き方についてはある程度知識をつけておいて損はありません。

created by Rinker
¥1,980 (2020/10/24 03:17:23時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥3,000 (2020/10/24 02:48:39時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥880 (2020/10/24 14:26:13時点 Amazon調べ-詳細)

上記のような、文章の書き方の本を参考にしてみると、さらに良い記事を書くことにつながるかもです。

ブログでは文字数を稼いいで検索上位となるより、悩みを解決するために的確であることの方が、集客効果は高いです。

これは真理ですが、検索上位にあっても、悩みが解決っできなかったら、即ページ離脱されます。

読者の悩みを解決する、本当に価値がある記事を書く。
これが、最終的にブログのブランディング確立につながると信じています。

ブログの文字数に縛られず、恐れず、書き続けましょう。