Written by Shoji

Shoji

AirPods ProとApple製品のペアリング方法【超簡単】

AirPods

本ページでは、Apple製品とAirPods Proのペアリング方法について、私の実体験に基づき、まとめます。

  • iPhone
  • iPad
  • Mac
  • Apple Watch

上記をお持ちの方に向けた記事となります。

簡単なので、記事にするまでもないかもしれませんが…備忘録として書いておきます。

【超簡単】AirPods ProとApple製品のペアリング方法

Airpods Proを取り出した状態

私の場合、iPhoneを所有しているので、真っ先にiPhoneとペアリングを行いました。

【重要】iCloudにサインインしておこう

最初に重要なお知らせです。

iCloudにサインインしておくと、同じiCloudで管理されているAppleデバイスに対し、ペアリング情報が共有されます。

例えばiPhoneで最初にペアリングが完了したとしたら、同じiCloudで管理しているMacbookでもいつでもAirPods Proを切り替えられるということ。

ほとんどの方がiCloudにサインインしていると思いますが、まだの方はこの機会にしておくと良いと思います。

ペアリングが非常に便利で、楽チンなのもそうですが、iCloudにバックアップを取ったりすることも便利です。

iPhoneとペアリングする

AirPods Proのケース蓋を開くと、AirPods Proとの接続をうながすような画面が、iPhone上に現れます。
AirPods Proの接続

ここで「接続」をタップすると、iPhoneとAirPods Proの接続作業が開始されます。

下記のように、次々と説明画面が表示されますが、見終わった頃にはペアリングが完了しています。
Airpods Proのノイズコントロールの方法

今後は、設定→Bluetoothから、いつでもAirPods Proの接続が可能となります。

Macとペアリングする

アプリケーション→システム環境設定→Bluetoothを選択。
ここに、ご自身のAir Pods名称が出てきますので、接続を選択。

接続例がコチラ

MacとAirPods Proのペアリング

これだけです。本当に簡単です。
そして何より、接続が圧倒的に早いです。

iPadとペアリングする

iPadにて設定→Bluetoothを選択します。
そこに、ご自身のご自身のAir Pods名称が出てきますので、タップして選択します。

接続例がコチラ

iPadとAirpods Proのペアリング

簡単でしたね。
iPhoneをお持ちでしたら、ほとんど操作感が変わらないと思います。

Apple Watchとペアリングする

Apple Watchにて設定→Bluetoothを選択します。
やはり、ご自身のご自身のAir Pods名称が出てきますので、タップして選択します。

接続例がコチラ

Apple Watchの設定画面

眠りながらでもできそうなほど簡単です。

Apple製品間でのペアリング切り替え方法

コチラもとても簡単で、使いたいAppleデバイスにて、接続手続きをすればOKです。

使いたいデバイスにてきちんと接続されれば、それまで使っていたデバイス側では自動的に接続が切れます。

泣けるほど速く、あっという間に切り替わります。
まさにストレスフリーです。

良い点:ペアリングが圧倒的に速い【安定感も抜群】

実際に触ってみたことがある人であればわかると思うのですが、AirPods ProとApple製品のペアリングはとても速く、ストレスフリーです。

デバイス間の切り替えも簡単かつ高速で、超便利。

Apple製品を所有していて、ワイヤレスイヤホンを探しているのであれば、このAirPods Proに勝るものはないと思っています。

音質もそうなのですが、こう言った接続のストレスのなさ、簡単さも重要なポイントだと個人的に考えます。

Apple製品を多く所有されている方であれば、AirPods Proは買わない理由はありませんね。

ペアリング、あまりにも簡単すぎて記事にするまでもなかったかもしれませんが、これからApple製品を増やそうと考えている方など、Bluetoothペアリングの参考になれば幸いです。

参考記事:AirPods Proのレビュー記事

AirPods Proの開封の儀とファーストインプレッションについて、記事にしています。
よろしければ、ご確認いただければ幸いです。