Written by Shoji

Shoji

GoogleサーチコンソールのTXTレコードをmixhostで設定する方法

ブログ設定

PCを操作する男性

サーチコンソールを触る人「サーチコンソールの設定途中でDNS設定とか、TXTレコードとか出てきたけれど…これってどうすればいいの?」

Google Search Console(グーグルサーチコンソール )を導入するにあたり、TXTレコードというものを用いてDNS設定する必要となります。

サイトやブログ運営をはじめたての方には、ちょっと聴き慣れないものかもしれません。

ここでは、mixhostというサーバーに焦点を当て、GoogleサーチコンソールのDNS設定から所有権の確認までを解説します。

私自身、このmixhostサーバを使用しており、何度もこの設定を済ませてきました。

簡単ですので、同じくmixhostを使用されている方は、ご参考にしてください。

Googleサーチコンソールをmixhostで設定する方法【DNS・TXTレコード】

まずはGoogleサーチコンソールの手続きを進め、TXTレコードの表示が現れるまで進めます。

その手順がわからないという方は、下記を参考にして下さい。

参考記事はコチラ

TXTレコードを確認する

Googleサーチコンソールを使えるようにするための手順を進めると、やがて下図が表示されます。

DNSレコードでドメインの所有権の確認

以下のTXTレコードを、DNS設定にコピーします

と書かれた箇所の直下の「コピー」をクリックします。
すると、必要なコードがコピーされます。

TXTレコードとは

TXTレコードとは、技術用語として下記の通り定義されています。

TXTレコードとは、DNSで定義されるそのドメインについての情報の種類の一つで、あるホスト名の付加情報を自由に定義するためのもの。DNSの仕様上は特定の用途や書式は定められておらず、管理者が任意の文字データを設定できる。
DNSを拡張してプロトコルや仕組みを実装する際、必要な情報の定義などに使われることが多い。例えば、自らがあるドメインを所有していることを証明するため、相手方の発行したコードを自ドメインのTXTレコードに記載して確認させる手法がある。これを「TXTレコード認証」と呼ぶ。

IT用語辞典より引用

簡単にいうと、Googleから、「サーチコンソールを使っていいけど、申請したサイトが本当にあなたのものか、確認させて下さい」という意味があると考えられるでしょう。

申請したものが何でもかんでも使えるようになったら、悪用されたりと大変ですよね。

そのために、本来管理者しか扱えないDNS設定として、このTXTコードを持って認証するという手順が必要であると考えられます。

mixhostのcPanelにアクセスする

GoogleサーチコンソールのTXTレコードをコピーしたら、所有サーバにそのレコードを登録する手順に進みます。

まずはmixhostにログインをし、マイページを開きます。
その後、cPanelにログインして下さい。

cPanelへのログイン方法

ミックスホストのマイページ

上の図の、赤枠で囲ったところからログインできます。

mixhostでDNS設定をする

cPanelにログイン後、「ドメイン」のZone Editerにアクセスします。

mixhostのcPanelのドメイン

場所は上の図の通りです。

Zone Editorにアクセス後、以下の通り、サーバに登録してあるドメインが表示されます。

mixhostのドメイン一覧

サーチコンソールを設定したいドメインを選択し、「管理」ボタンをクリックします。

そうすると、以下の通り、選択したドメインに関する情報が表示されます。

mixhostでTXTレコード選択

上の図を参考に、右上の「レコードの追加」の横にある三角をクリック。
さらに現れる「Add “TXT” Record」を選択します。

TXTレコードを設定する

下記を参考に、設定しましょう。

TXTレコードの登録

  • 名前:ドメイン名
  • レコード:GoogleサーチコンソールでコピーしたTXTレコードを貼り付ける

その他は、初期状態のままでOKです。

しっかりコピペしたら、「レコードの追加」をクリック。
これで、TXTレコードの登録とDNS設定は完了です。

手続き完了の確認

Googleサーチコンソールのページに戻り、登録チェックを行います。
DNSレコードの確認

無事に完了すると、所有権の確認完了の表示がされます。

サーチコンソール で所有権が確認された

ここまで確認できたら、問題なくサーチコンソールが使用可能です。
サイトやブログの運営に役立つツールなので、手早く導入してしまいましょう。