Written by Shoji

Shoji

Twitterカードがうまく表示されない時に試すべきこと【Card validator】

ブログ設定

PCを操作する人

Twitterを利用するブロガー「Twitterカードの設定をしたのに、思ったように表示されない…。どうすればちゃんと表示されるの?」

こういった疑問に答えます。

Twitterカードの作り方については様々な方法がありますが、例として当ブログでは、ワードプレスのプラグイン、All in One SEOを利用した作成方法について記事にしました。

Twitterカードがどんなものかピンとこない方は、上の記事をご確認ください。

本記事では、Twitterカードの設定が完了したはいいものの、うまく反映されない時に試してみたいことを解説します。

私自身、先ほど紹介した記事内でTwitterカードを設定しており、その手続きで、今回紹介する方法を実施し、問題なく設定できたことを確認しています。

Twitterカードが表示されない時の対策【Card validatorを使おう】

PCの前で悩む女性
Card validatorというシステムを用いて、Twitterカードを正しく表示させる可能性が高まります。

実際のところ、Twitterカードが表示されない場合というのは、時間が経てばきちんと表示される場合が多数です。

ですが、どれだけ待てばいいのかも不明ですし、設定を反映させたら、すぐにTwitterカードを表示して欲しいですよね。

Card validatorというツールを使用すると、時間経過をまたずして、設定を反映させることが可能です。

Card validatorを使ってみる

まずは、Card validatorのサイトへ向かいましょう。
» Card validatorへ移動する(新しいタブが開きます)

移動後、Card URLにTwitterカードを作りたい自サイトのURLを入力します。

入力後、「Preview card」をクリックすると、Twitterカードが表示されます。

Twitterカード表示例がコチラ

Card velidator使用例

これまでの手順を進めると、上記のようにTwitterカードが表示されます。

なお、Card validator使用前は、以下のように画像が表示されませんでしたし、画像が表示されるべき位置も異なりました。
Twitterカードが表示されない例

Card validatorで表示される理由

Card Validatorを使用することで、Twitterカードの反映を短縮させ表示させることが可能です。

この手続きを行うことで、Twitter側のキャッシュがリセットされ、最新に更新されるからです。

キャッシュとは、よく読み込むデータを一時的に保存する仕組みのことをいいます。キャッシュが保存されることで、ページアクセスの読み込み速度が高まったりします。

Card validatorを覚えておこう

ブログ立ち上げ当時だけではなく、何らかの理由でTwitterカードを編集したくなる時がやってくるかもしれません。

忘れた頃に、このCard validatorに頼ることになるかもです。
ぜひ、覚えておいてください。

基本的に、Twitterカードの設定を変更したらCard validatorを操作するということを念頭に入れておくと良いかもしれませんね。

なお、この解決方法でもTwitterカードがまだ表示されない場合、根本的に設定が間違っている可能性が高いです。

基本的なTwitterカードの設定も見直しつつ、Card validatorを使用しつつ、Twitterカードが表示されない悩みが撲滅することを願っています。