Written by Shoji

Shoji

【簡単】URLのwwwのあり/なしを統一して重複URLを回避しよう

SEO

悩む人

サイトのwww表記有無に悩む人「motelogとかいうブログで、重複URLの記事を読んで、wwwのありなしを統一させたくなった。もうちょっと詳しく知りたい」

このような方に向け、記事を書きます。

どこかのサイトにアクセスしたとき、https://(またはhttp://)のすぐ後ろに、www表記があるものとないものに気付いた方もいらっしゃるかと思います。

wwwのありなしはサイト運営者が決めることができるのですが、場合によってはwwwあり/なしどちらでもアクセスできてしまうケースもあります。

ワードプレスによるサイトがその例でして、このブログも、最初はどちらでもアクセス可能でした。

このようにどちらからもアクセス可能な状態を、重複したURLとよび、検索エンジン(例えば、Google)にとっては好ましい状態とは言えません。

「重複したURLがなぜ望ましくないのか?」については、本記事では割愛します。
※下記リンク先にて解説しています。

ここでは、wwwのあり/なしについて、どちらかに統一し、重複評価を回避する方法について解説していきます。

とても簡単ですので、サクッと設定してしまいましょう。

wwwあり/なしを統一する方法

パソコンに腰掛けてURLを表示する人
wwwあり/なしを統一するには、301リダイレクトを活用します。

最初に、wwwのあり/なしのどちらかを決める

これから設定するにあたり、wwwのあり/なしのどちらにするかを決めましょう。

後で変更することも可能ですが、訂正作業は面倒です。
最初に悩みきって、確定しておきましょう。

なお、当ブログは、wwwなしにしています。
ありの例ですと、任天堂(https://www.nintendo.co.jp/)など。

www有無に正解はなし

完全に好みでOKです。
どちらか一つを選択してください。

WWWなしにする場合

個人的には、wwwなしの方がスッキリしていて好みです。

ここでは、当ブログのURLを例にしてみます。

  1. https://mote-log.com
  2. https://www.mote-log.com

上記の2番(wwwあり)を、1番(wwwなし)に301リダイレクトさせます。

この場合、下記のようなコードを.htaccessに追記します。
.htaccessの場所がわからない方は、コチラの記事の真ん中あたりに書いているので参考にしてみてください。


<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.mote-log\.com$
RewriteRule ^(.*)$ https://mote-log.com/$1 [R=301,L]
</IfModule>

SSL化させていない場合は、httpsをhttpに変更してください。

これだけで完了です。
コピペOKですので、簡単ですね。

この手続きで、https://mote-log.comが正規化URLとして認識されるようになります。

WWWありにする場合

次は、wwwありにする方法です。

先ほどの例をもう一度見てみましょう。

  1. https://mote-log.com
  2. https://www.mote-log.com

上記の1番(wwwなし)を2番(wwwあり)に301リダイレクトさせます。

この場合、下記のようなコードを.htaccessに追記します。


<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^mote-log\.com$
RewriteRule ^(.*)$ https://www.mote-log.com/$1 [R=301,L]
</IfModule>

こちらの例でも、SSL化させていない場合はhttpsをhttpに変更してください。

以上終了です。
コピペで5秒です。簡単ですね。

この手続きで、https://www.mote-log.comが正規化URLとして認識されるようになります。

301リダイレクトを活用すべし

重複URLには、301リダイレクトが有効です。
今回紹介したケース以外にも、重複URLのパターンが存在します。

下記記事にて紹介しているため、一読していただき、未対策の場合はURL正規化の対応に移りましょう。

また、301リダイレクトとは何かをご存じない方は、さらに以下の記事を紹介しますので、是非ご確認ください。

今回のwwwあり/なしはとても細かいことかもしれません。
ですが、些細なことでもユーザビリティの向上につながると信じ、きめ細やかな対応を続けましょう。

そのためにも301リダイレクトを効果的に使用し、訪問者や検索エンジンに好まれるサイト作りを心掛けていきましょう。