Written by Shoji

Shoji

Rank TrackerでGoogleキーワードプランナーを使う方法

SEO

キーワードに悩む人「Rank Trackerを導入したい。検索順位のチェックが重要なのはわかったけれど、それ以上に導入のメリット、なんかあるかな?」

こういった疑問に答えます。

以前、本ブログでは、ブログのSEO対策として「Rank Trackerを利用して検索順位をチェックする」ことをオススメしてきました。

該当記事がコチラ

このRank Trackerですが、実はキーワードの順位検索だけではなく、キーワードの検索ボリュームや競合の多さなどまで調べることが可能です。
なぜなら、Rank TrackerにGoogleキーワードプランナーの機能が備わっているから。

Googleキーワードプランナーとは、上記の通り、キーワードの検索ボリュームや競合の多さなどを調べるためのツールです。また、関連するキーワードについても提案してくれたりします。

このキーワードプランナーをお手軽に使えることが、Rank Trackerを使うメリットの一つです。

本記事では、このキーワードプランナーに絞り、その性能について検証していきたいと考えます。

Rank Trackerで実際にキーワードプランナーを動作させた状態をお見せするとともに、Googleキーワードプランナー本体との比較まで検証していきます。

なお、結論としては、Rank Trackerによるキーワードプランナー、Googleキーワードプランナー本体どちらもほぼ同じ結果になりました。

その比較検証を、以下に示します。

Rank Trackerによるキーワードプランナーを動作させた結果

Rank Trackerの申し込みフォーム
Rank Trackerで、Googleキーワードプランナーと同様のツールを動作させます。

Rank Trackerによるキーワードプランナー結果

下の図の通り、対象ツールを呼び出し、調べてみたいキーワードを打ち込みます。
※掲載画像は、クリックすると拡大されますので、必要に応じてご確認ください。

Rank Trackerでキーワードプランナーを使う方法

今回は、試しにブログというキーワードを調べてみたいと思います。

ブログによる調査結果は、下記の図の通り。

Rank Trackerによるキーワードの調査結果

「ブログ」というキーワードでは、

  • 検索数(ボリューム):100,000回 程度
  • キーワード難易度 70.2

ということがパッと分かりますね。

キーワードプランナー結果の基本的な考え方

検索数が高い方が、検索にヒットする可能性は高まります。
ですが、キーワード難易度が高いと、検索上位になかなか表示されません。

ここのさじ加減が難しく、特に初心者は混乱してしまうかもです。
基本的には、キーワード難易度が低いものから初めてみて、様子を見るのがオススメです。

なお、ここでの競合性とは、Googleキーワードプランナーで広告を出す際の競合性のことを指します。
なので、Googleキーワードプランナーで広告を出稿しない場合は、深く考えなくてOKです。

こういう情報を総合的にみて、キーワードをチョイスするかどうかを決める判断基準にしてみましょう。

関連キーワードにも目を向けよう

ブログというキーワードの他に、ブログに関連する関連キーワードもたくさん出てくることが分かりますね。

「ブログ 海老蔵」など。

関連キーワードも併せて確認し、てみると、「想定していたキーワードよりも、良いものがあるな…」と気付くことも少なくありません。

さらっと目を通しておくだけでも価値はあると考えますので、せっかくなので確認しておきましょう。

キーワード選びは慎重に

ブログ記事においては、キーワード選びは重要です。

キーワードがあやふやだと、読者ターゲットが絞れず、集客も難しくなりますよ。

  • 検索数
  • キーワードの難易度
  • 関連キーワード
  • クリック単価(アドセンスを狙うなら)

などのデータを自分なりに読み解き、選定していきましょう。

前述の通り、オススメは検索数が少なめでも、キーワード難易度が少ないものから積み重ねていくことですかね。

初心者や日が浅いブログだと、難易度が高いものがいきなり上位表示されることは困難です。

ただ、いつの日か、難易度が高く、検索数が多いキーワードを選定してみることをお勧めします。

なぜなら、難易度が高かろうが、書かないことには始まらないからです。

挑戦してみると、意外に善戦する場合もあり。
それがブログの面白さでもありますね。

なんにせよ、Rank Trackerのようなツールを使わないことには、キーワードの分析はできません。

キーワード順位とキーワード調査が同時にできるこのRank Tracker、気になったらお試し下さい。

無料で体験もできるので、とてもオススメです。
» Rank Trackerのページはコチラ

Googleキーワードプランナーの調査結果【Rank Trackerの比較】

机に向かってプログラミングをしている人
先ほど、Rank Trackerで「ブログ」というキーワードを検索した内容を記しました。

今度は、Rank Trackerの検索結果が、本家のGoogleキーワードプランナー本体と同様の結果が得られるのかを調査してみます。

Googleキーワードプランナーを動してみる

Googleキーワードプランナーにて、ブログというキーワードを調査した結果が、下図の通りとなります。

Googleキーワードプランナーでの検索結果

Webブラウザだとみにくいので、Googleスプレッドシートに抽出しました。
その結果は、以下の通り。

Googleキーワードプランナーの結果まとめ

ここでもう一度、Rank Trackerの調査結果を表示します。

Rank Trackerによるキーワードの調査結果

スプレッドシートとほぼ同じ内容となり、両者のツールは同様の働きをしていることが分かります。

本検証より、Rank TrackerでもGoogleキーワードプランナー相当の調査ができると判断しました。

キーワード選定・管理を効率化して検索上位を目指そう

ここまでで、Rank Trackerのキーワード調査能力は、十分であると判断に至りました。
Rank Trackerをご利用中の方は、ぜひお試しください。

なお、Googleキーワードプランナーも両方使える方は、お好きな方を使ってOKです。

Googleキーワードプランナーの登録など、手間だな…と考えている方は、Rank Trackerで完結させてもOKですね。

Rank Trackerについては、冒頭でも紹介した記事に、もうちょっと詳しく書いておりますので、よろしければご覧ください。
» 記事はコチラ

いずれにせよ、キーワード選定・管理はブログの成長に欠かせないものです。
サイト運営を始めたらすぐに、キーワード選定を意識づけていきましょう。